割れた窓はガラス交換で修復

ガラス交換を行なえば自宅での生活をより快適にすることができます

ガラス交換とガラス修理のどちらを依頼する

ガラス交換やガラス修理を実施する場合は、ガラス屋に依頼を行なうのが一般的です。まずはそれぞれの違いを確認してみましょう。

交換と修理の違い

ガラス交換
住宅のガラスが割れてしまった場合は、ガラス交換を実施してもらう必要があります。ガラス交換を行なう際に今までと違うタイプのガラスを設置してもらえば、室内環境を改善してより快適な生活を楽しむことが可能です。しかしガラス修理に比べて施工費用は高くなるので、依頼する際は事前に見積もりを依頼しておかなければなりません。
ガラス修理
ガラスに小さなヒビが入っていた場合はガラス交換や修理を行ない、ガラスを元通りの状態へと修復しておくのが最適です。ここでポイントになるのがガラス修理は手頃な金額で施工を行なうことができますが、傷が浅い場合のみしか適応できない、ということです。完全にガラスが割れてしまっている場合や大きなヒビが生じている場合は、ガラス修理ではなくガラス交換を実施してもらいましょう。

ガラス破損時の対象法とは?

子供の遊びや不注意でガラスが割れてしまった場合は、すぐに業者に連絡をとってガラス交換を実施してもらわなければいけません。まずはここでよく聞かれている質問をチェックし、得られる効果を事前に把握しておきましょう。

ガラスを割ってしまった時は落ち着いて


ガラスが割れたのですぐに駆けつけてくれますか?
ガラス修理を取り扱っている業者は24時間対応が可能なため、依頼したその日に修理を行なうことが可能です。ほとんどの業者は土日祝日にも修理を行なうことができるので、短時間でガラス修理を完了させることができます。プロの業者に対応を依頼しておけば、仕上がりが悪くなったり窓ガラスに不調が発生したりすることはありません。
割れたガラスはどうしたらいいですか?
割れたガラスを処分する際は清掃を行なったり、それぞれの自治体に合わせて適切な対処を行なう必要があります。ガラス修理やガラス交換を取り扱っている業者に依頼を行なえば、ガラスを修復した後にそのまま割れたガラスを回収してもらうことが可能です。ガラス交換を依頼した業者にそのまま回収してもらえば、個人で清掃や廃棄を行なう必要はありません。
ヒビが入った場合も交換が必要ですか?
ヒビが入ったガラスをそのまま使用していると経年劣化などによってヒビが広がり、最後はガラスが割れてしまう可能性が高いです。そのためガラスにヒビが入った場合は早めにガラス交換を行ない、新しいガラスを取り付けておかねばなりません。ガラスにヒビが入った場合は段ボールやテープで補強を行ない、すぐに業者へ連絡を行ないましょう。

住宅の機能性を高めることができるガラス

ガラスドア

断熱性能と遮熱性能を併せ持つエコガラスは、快適な室内環境を作るのにとても適しています。夏は遮熱効果によって外からの日差しを遮ることができ、冬は断熱効果で暖かさを室内にとどめることが可能です。結露防止や紫外線カットの効果もあるので、これからガラス交換を行なう際は省エネ効果の高いエコガラスを導入しましょう。

TOPボタン